病気予報で、病気を予防しよう!具合が悪くなったらみんなで投稿、病気の予防に役立てよう!

アトピー性皮膚炎の「かゆみ」の原因タンパク質を発見、治療薬開発に期待 九州大学 – 大学ジャーナルオンライン

アトピー性皮膚炎の「かゆみ」の原因タンパク質を発見、治療薬開発に期待 九州大学 - 大学ジャーナルオンライン

14 January 2017 | 10:01 pm


大学ジャーナルオンライン

アトピー性皮膚炎の「かゆみ」の原因タンパク質を発見、治療薬開発に期待 九州大学
大学ジャーナルオンライン
アトピー性皮膚炎の治療は、現在ステロイド剤の外用、免疫抑制剤の外用・内服が主体であり、痒みを直接コントロールできる薬はない。今回の研究により、アトピー性皮膚炎発症と深く関わる痒み惹起物質IL-31の産生に、EPAS1が重要な役割を演じることが明らかになった。

コメントを残す